パリエット服用時の注意点

パリエット服用時に気をつけたい注意点

パリエットは日本のエーザイ株式会社が1997年に発売した抗潰瘍剤(胃潰瘍治療の為の薬品)で、逆流性食道炎にも効果のある薬品です。胃酸抑制効果を持ちプロトンポンプ阻害剤と呼ばれています。

 

パリエットを筆頭に副作用は少なめな類の薬品ですが、全く副作用がない訳ではないですし、注意点を守らない服用は危険です。効果的に用いるにも注意点はきっちり守っていきましょう。

 

パリエットの作用機序

作用機序というのは、薬がどんなメカニズムで効き目をもたらすのかという仕組みです。

 

今回の場合はパリエットがどんな仕組みで胃酸を抑制して胃を保護するのかです。

 

消化性潰瘍・逆流性食道炎といった症状の主な原因は胃酸過多です。胃酸の出るメカニズムは「胃酸を放出しろ」という内容の命令が胃壁のプロトンポンプに届くことではじめて胃酸は出ます。

 

パリエットはプロトンポンプが胃酸を出すのを阻害します。プロトンポンプ阻害剤と呼ばれている所以となります。命令が来てもプロトンポンプが働かなければ胃酸は出ません。

 

パリエットは実際に胃酸を分泌している場所であるプロトンポンプの働きを邪魔して胃酸を抑制します。

 

パリエット服用時の注意点


パリエットが胃酸を抑えるメカニズムは、おおまかではありますがわかっていただけたかと思います。ですが、パリエットにはいくつか気をつけなければならない注意点があります。どんな場合でも何も考えずに使っていいという訳ではありません。どんな人が使ってはいけない、使う時には気をつけるといった注意点について解説していきます。

 

服用禁止のケース

パリエットを使ってアレルギーを起こした経験がある

過去にパリエットを使うことでアレルギー症状が出た方は服用を控えて下さい。

 

「前は大したことなかったし、今回も大丈夫」と思い込まないようにしてください。アレルギーは1回より2回、2回より3回目の方が大きな症状が出るケースが多いです。

 

服用直後に現れやすいアナフィラキシーショックは呼吸困難といった、とても危険な症状が出ることもあります。

 

アタザナビル硫酸塩・リルピビリン塩酸塩を投与中

パリエットは胃酸の分泌を抑えますが、胃酸が少なくなったことでこれらの薬品がとけづらくなり、吸収効率が減少したことで効き目が弱まる可能性があります。

 

アタザナビル硫酸塩・リルピビリン塩酸塩はHIV治療薬です。パリエットは潰瘍治療に大きな効果を持った薬ではありますが、HIV治療薬の効果を下げてしまうと考えると問題です。パリエットの服用は控えておいた方がいいでしょう。

 

服用注意のケース

肝障害を持っている

パリエットを含む薬品は基本的に肝臓で分解代謝されて体の外に出ていきます。肝機能に問題があるとパリエットは長く体内に残留しやすいので、通常より副作用が強まる傾向にあります。更には健康な状態に比べて肝臓に負担がかかってしまうでしょう。

 

また機序は不明ですが、肝硬変患者が服用した際に肝性脳症を発症したという報告が上がっています。

 

高齢者


高齢者は体のここの機能が特に弱くなっている、という自覚はなくとも全体的に弱まっていることが多く薬を体の外に出す力も下がっています。

 

副作用に気をつける意味でも飲み始めは最小用量から開始するといいでしょう。

 

過去に薬物アレルギーの経験がある

パリエットによるアレルギーがなかったとしても、他の薬品によるアレルギー経験があった場合には気をつけるようにして下さい。パリエットの類似薬であるプロトンポンプ阻害剤でアレルギーを起こしている場合には、パリエットでもアレルギーを起こす可能性がかなり高いのでより一層の注意が必要です。

 

小児

小さなお子さんは臨床データが少ないので安全性の確率がなされていません。医師がどうしても服用が必要であると判断した上で服用しましょう。

 

妊婦


ラットなどの実験により胎児へ影響があると判明しています。悪影響よりも治療効果が大きいと医師が判断した時のみ服用するようにしましょう。

 

パリエットの飲み方に関する注意点

長期服用は控える

長い期間服用し続けるというケースが少ないことから、データが少なく安全性が確認できていません。

 

また、機序は不明ですし未確定ではありますが、良性胃ポリープができたり、骨粗しょう症になりやすくなっているという報告が上がっています。

 

大量服用は控える

パリエットは副作用の少ない薬品ではありますが、それはあくまで注意点を守っての上での話です。注意点を無視して大量に服用してしまえば、どんな副作用が出るかわかりません。

 

車・機械の運転前は服用を控える

パリエットにはめまいや眠気の副作用があります。運転前の服用はしないようにしましょう。

 

パリエットの副作用・相互作用についての注意点

こんな人はパリエットを飲む際に注意点をチェック、こういう飲み方はしてはいけないという説明をこれまで行ってきました。

 

ですが、このような注意点を守ったとしても副作用はでないわけではありません。前もって副作用を抑えておいた方があわてることなく対処できます。さらにはパリエットのみで服用すれば何も起こらなくても、他の薬品と同時使用で発生するトラブルもあります。

 

それらを2つのポイントに分けて解説していきます。

 

パリエットの副作用はどんなもの?

パリエットは副作用が大きくありませんが、あくまで出づらいというだけでないわけではありません。

 

副作用として出やすいのは

 

下痢、嘔吐、めまい、ふらつき

 

といったようなものです。

 

運転時にはとくに注意するようにして下さい。

 

パリエットの相互作用は?

相互作用は2種類以上の薬を使った時にお互いに与える影響です。

 

薬は単独使用を考えて容量が決められています。効果が強くなりすぎるような組み合わせはそうなると危険です。

 

上の服用禁止の項目で説明したケースのように、他の薬の効果を下げてしまうパターンも望ましくない組み合わせだと言えるでしょう。

 

パリエットはこういう薬


パリエットの注意点はプロトンポンプと言う胃酸を分泌する成分に働きかけ、胃酸を抑えるタイプの胃薬です。
注意点は胃酸の量が減るので、胃酸によって内臓が傷つけられたり、胃酸の胃から食道へ逆流したりしにくくなり、胃潰瘍や胸焼けや逆流性食道炎などに効果があります。
また、注意点ですが胃の中にいるピロリ菌を始めとした細菌を除菌するための抗生物質をより効きやすくする効果もあります。
これは注意点としてそう言った抗生物質が酸に弱く、胃酸によって効果を阻害されるからです。

 

注意点ですがパリエットのメリットは、プロトンポンプの働きを阻害する薬の中でも、特に効果が高く、その割に副作用が起きにくい点です。
また、注意点として薬の効きやすさはどうしても個人差がありますが、個人差の影響が小さいと言う特徴もあります。

 

注意点はデメリットは効果が現れるまで長い時間がかかる、夜間横になった時に効果が出にくい、長期間服用すると副作用が起きやすくなる、と言った点です。
注意点として効果が出るまで5時間以上掛かるという人も少なくないですが、効果時間も長いので数日に渡って服用するなら問題ありません。
夜間の胃酸分泌抑制も、飲むタイミングを変えれば問題が解消される注意点もあります。
注意点として長期服用で起こる副作用では症状が重くなることもままあるため、投与日数に制限をかけたり、注意点として一時的に他の薬に切り替える休息期を設けるなどの対策をとる事も多いです。

 
http://www.aasecuritygadgets.com/ http://www.8086.info/ http://tablette-tactile-pas-cher.net/ http://waterroad.net/